読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳の中のマリー

アントワネット的なことを脳の中で

生活の中心にシナジーを置いてみる

シナジー 振る舞い

ゲーム「世界樹の迷宮」シリーズが好きだ。

ギルドを作り、好みのパーティを結成し、地図を作り上げ、迷宮を踏破する。

極めて危険なダンジョンばかりだけど、「最低限、回復手段さえあれば後はどんなパーティでも工夫次第でなんとかなる」という、とてもいいバランスだと思っている。最新作の5が今夏発売予定で、今もとても楽しみに待っている。

公式サイトの後ろの方にいる巌の如きマッチョが気になりすぎて俺はもう、待ちきれねぇぜ…!

 

世界樹の迷宮シリーズを好きな理由はいくつもあって、

 ・ファンタジーっぽいけどSF的な世界観が仄かに見える

 ・ニコニコ動画やpixivなどがサービス開始したのと同時期に発売したため、ファンの二次創作や交流が盛り上がった

 ・ハードな戦闘 ・自分でマップを書く、という地味に楽しい要素

 ・全滅(植林)する快感

 ・相乗効果のあるスキルが決まった時の達成感

と言ったものがある。

中でもとりわけ、「相乗効果(シナジー)を上手く使った戦闘」が大好きだ。

 

長々と書いてきたけど、要するに俺はシナジーのあるものが好きなんだな、と世界樹の迷宮シリーズをプレイしていて気がついたと言える。世界樹の迷宮がDS/3DSで展開しているのも、「2画面+タッチパネル」というゲームハードと最高にシナジーのあるゲームデザインで、これもまた俺は気に入ったんだと思う。

「上手いことやるなぁ」

と感心するのが、俺は好きだ。

 

だから日常生活にもなるべくシナジーを意識している。

何か製品を買う時でも、「一つひとつは単機能、組み合わせれば多機能」という視点で選んでいる。例えば、プロジェクターとWiiUとか。

プロジェクターは大画面だけど、起動が面倒。

WiiUなら最初はゲームパッドでゲームをはじめて、後でプロジェクターの電源を入れればいい。WiiUの長所がプロジェクターの短所を上手く消してくれて、「上手くいった!」という達成感が味わえる。割と大事なことだと思うんだよね、こういうの。

 

俺は今、週に3,4回水泳に通っているんだけど、これもまた上手いこといっている。

水泳の利点は、体を痛めずに有酸素運動を長く続けられるということだけど、他にも利点は多かった。

  • 運動後の洗濯物が最小限(パンツと帽子とタオルだけだ!)
  • 家を出るので、その間に部屋の空気の入れ替えができる(俺の部屋は熱気がこもる)
  • シャワーをついでに済ませられる
  • 単純に、水に使って遊ぶのは楽しい
  • 嫌が応にも裸の己と向き合うことになる

水泳を始める前は、大変に熱せられた部屋に一人クタクタになって帰り着き、ほとばしる熱気の中で料理をし、のろのろとシャワーをあび、死にそうになりながら食べ、風呂に除湿機を回し、選択をし、やっと涼んできた頃には結局汗をかいていて気持ち悪くて俺の人生とは一体何だったのか一人苦悩する夏の夜だったのが、「水泳に行く」だけで解決してしまった。

今はちょうど、洗濯をする日に水泳に行っている。

水泳に行く日は自宅のシャワーを使わないから、除湿機は洗濯物の乾燥に回せるし。

 

一番の利点は、「上手く生活回ってるなー」となんとなく思うことかもしれないな。