ライフスタイル

集中できない人の生きる技術としてのバレットジャーナル

バレットジャーナル。 魅惑の響き。 我々はいつも「これがうまくいけば、全てがうまくいく」という幻想の中に生きています。 あと3kg痩せれば、転職すれば、瞑想すれば、壺を買えば、パワーストーンの力を借りれば、眉毛があと5mm位置が変われば、プチ整形す…

アラビア書道万年筆でシッダマートリカーが7000倍身近になる

前回の記事(↓)に引き続き…シッダマートリカーについて語ろう…! yajul.hatenablog.com そろそろ「シッダマートリカー」という単語にも聞き慣れ、生活の中に自然と溶け込むくらいの感覚にはなっている頃だろうと俺は確信しているが! シッダマートリカーを知…

とりあえず、ノータイムでシッダマートリカーだ。

人間というものは…その人生の中で「あぁ、梵字が書きたい…!」と思う瞬間が、脳の中に必ず訪れるようになっているものだ。 残念ながらな。 これは真理だ。 俺がそうだったし、俺の母親がそうだったし、そして君もそうだ。 そうだろう。 真理だからな…。 とは…

野心を抱いて戌の年

明けましておめでとう! 2018年だよね。戌年。俺も戌年でありますよ。 昨年は大変お世話になりました。 今年もよろしくお願いします。 さて、年始といえば。 2018年という平成30年のこの年に、俺はいったい何を為すべきなのか。 それを考えるのも楽しさとい…

ノールビンドニングでスリッポンを作る

アイディアというのは、 脳の中で十分に情報が整理されていて そのことについて特に何も考えていなくて ちょっとした散歩などの軽い運動をしているときに 全然別のものを考えたり見たときに突如降りてくる ものだと思っている! 実際、人間の脳というのは何…

ノールビンドニング - 1か月、50時間の成果 -

突如、ノールビンドニングを始めることを決意して約1か月。 手元の手帳によると、50時間くらいはやり続けているらしい。学習だとかそういうことではなく、純粋にハマってしまっている! ノールビンドニングの効用として、作業中は完全に手がふさがるのでお菓…

ノールビンドニング - ポットカバーの完成と、最初の20時間の終わり -

「全くやったことのないものでも、20時間練習したらかなり上手くなれる」 という説に感化されて始めたノールビンドニング。 20時間が昨日、終わった。 やっていくうちに自分との相性がとても良いことが分かってきたので、ほとんどつまづくことなくここまで来…

ノールビンドニング - ワークショップで北村系子先生に教わったこと -

札幌の円山にあるpresseさんで行われた、ノールビンドニングのワークショップに参加してきた。 こちらの本「はじめてのノールビンドニング 縫うように編む、北欧伝統の手仕事」の著者の一人の北村系子先生がいらっしゃるということで、独学で変なクセをつけ…

ノールビンドニング - 12時間目と、DIY雑感 -

ノールビンドニングは続いている。とても楽しい。 9月22日19時現在でおよそ12時間、練習していることになる。おそらく連休で「とりあえずの20時間」は過ぎると思う。それほどにハマっている。また、学習のほうも(多分)良い調子で進んでいて、上の写真のよ…

「なぜ人を殺してはいけないか?」を、人類社会のジェネシックコードを用いて説明してみる

しばしば話題に挙がるこの問い。 時には酒の席で、時にはSNSで、掲示板で、それぞれの思うところの意見が飛び交う。 この問いを通じて、互いのうちの価値観がおぼろげに見えてきたり、あるいはあえて極論を投げ込んでその場を活性化させたりもする。何にして…

心は几帳面だけど行動は大雑把な自分に最適な「全肯定ノート」・トラベラーズノートを手にして

散らかった部屋や不安定なモノを見るときちんと整理したくなる几帳面マインドがある一方で、気がつくと部屋には本やメモ、買ってから一度も開封していない袋、オシャレなはずなのに完全に場所を間違えている小物が散乱する。そんな人はきっと俺だけではない…